こんな症状がある方は一度外来で相談を

対象となる症状

失語:何を言っているかわかりずらいといわれる  

   よく聞き返される

   会話中に人の話していることがよくわからない

   理解できていない 会話が成り立たない

構語障害:言葉が話しづらい

嚥下障害:食事中にむせる

     食事に時間がかかるようになった

対象となる疾患

脳卒中:脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血など

頭部外傷:交通事故、スポーツ外傷など

変性疾患:パーキンソン病、脊髄小脳変性症など

STによる訓練の流れ

チェック:現状を把握するために検査し、訓練適応の有無を判断します

訓練計画:何を目標に訓練を進めていくか、ご本人様やご家族様と話し合いながら決めていきます

訓練実施:計画に基づいて個別に訓練を実施します

見直し:定期的に状態をチェックし、訓練計画や目標を見直しながら、訓練の継続を判断して行きます。目標が達成された場合には訓練卒業となります

訓練内容

現在他の施設で言語訓練を受けている場合は、当院で訓練をお受けになることはできません。

​言語訓練を受けられた経験がある方は、検査結果などのデータをご持参いただけると幸いです。

顔や唇などにマヒが残っているために話しづらさがある方(構音障害)や、失語症の方を対象に言葉の訓練を実施します。

飲み込みづらさのある方には、舌や唇などの運動や、食事形態のアドバイスといった嚥下訓練を実施します。

​   診療時間
     月 火 水 木  金 土 日

午前 〇 〇 〇 × 〇 〇 ×

午後   〇 〇 〇 × 〇 〇 ×

 

午前 受付 09:00-12:00

午後 受付 15:00-18:00

ほしみ脳神経外科 〒511-0912 三重県桑名市星見ヶ丘7丁目305番地 

☎ 0594-32-7500 Fax 0594-32-7501

Copyright ©  Hoshimi Neurosurgical Clinic All right reserved