ご 挨 拶

 ここ桑名市の高台、星見ケ丘に脳神経外科の医院を開業させていただいて約2年がたちます。開業前後に尽力・ご協力いただいた諸先輩、同僚にはあらためて感謝をいたします。

 当院の役割は

 ①脳卒中などで脳が傷ついたかたの慢性期、高血圧、糖尿病、脂質異常など生活習慣病のかたの日々のかかりつけ医

 ②頭痛のかたには初療での正確な診断と治療、慢性頭痛に対してリハビリ、漢方薬、ブロックなどを駆使して日々の生活をできるだけ楽にする

 ③認知症の方や認知症の家族に対しては、必要な医療サービスの提供と進行の把握

 ④手足、顔のしびれや、ふるえ、けいれん、歩きにくい、話しにくい、いろいろな不調がありながら、どこに行っていいのかわからない方に、できる範囲でしらべて、適切な医療機関への道筋を作ること と考えています。

 いろいろな症状を訴えられる方のなかには神経系の不調が関与していることがよくあります。失神、倦怠感や嘔吐、不妊、頻尿など一見関係のなさそうな症状の原因が神経疾患であったり、逆に他臓器の疾患が神経系の不調をきたすこともよく見られます。その中で救急車を呼ぶほどでもない、気軽に相談できて、いざという時に頼りになるクリニックが必要とされていると感じていました。

 一方、社会は超高齢化時代で、認知症を発症するかたが増えています、認知症はだれもが直面する、避けて通れない問題です。自分であったら、どうありたいのかと常に考えながら、認知症に向き合い、寄り添っていきたいと思います。

 これまでに培ってきた経験を活かして、町の診療所として、必要とされる役割を果たしていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

 2020年3月 COVID19 感染症が世界で猛威を振るっています。医院を始めるにあたって、災害に強い医院を作る目標を立てました。東日本大震災を想定していましたが、このような未曽有の災害が来るとは想定外でした。診療所でできることは限られていますが、できる限りのことをしていくつもりです。皆様のご健康をお祈りいたします。

院長 村松正俊(むらまつまさとし)略歴

愛知県碧南市生まれ・県立刈谷北高校卒業

三重大学医学部大学院卒業・医学博士

​三重大学医学部臨床准教授

1994-2003年 三重県立総合医療センター勤務

1996-1997年 スウェーデン カロリンスカ研究所留学

2003-2005年 八尾徳洲会総合病院 脳神経外科部長

2005-2018年 桑名市民病院 (桑名西医療センター)

        脳神経外科部長

資格・所属学会

日本脳神経外科学会専門医

日本脳卒中学会専門医

日本頭痛学会専門医・指導医

日本認知症学会専門医・指導医

日本神経内視鏡学会技術認定医

​日本脳卒中の外科学会技術指導医

米国脳神経外科コングレス

日本救急医学会・日本東洋医学会

​日本てんかん学会・日本脳ドック学会など

​認知症サポート医・ICD

ICLS インストラクター

JPTEC インストラクター

​ISLS インストラクター

ほしみ脳神経外科 〒511-0912 三重県桑名市星見ヶ丘7丁目305番地 

☎ 0594-32-7500 Fax 0594-32-7501

Copyright ©  Hoshimi Neurosurgical Clinic All right reserved